1. >
  2. キャッシングの落とし穴

キャッシングの落とし穴

キャッシングは手軽にお金を借りられるため、比較的手を出しやすいローンの一つだと思います。キャッシング機能の付いたクレジットカードも多いため、不測の事態になったときに、恩恵を受けることもあるかもしれません。ですが、どんなに敷居の低いローンでも、お金を借りることにより、漏れなくついてくるのが、金利です。

借りる金額の大小もありますが、一度お金を借りたならば、その金額とあわせ金利を上乗せさせた分を返済していく、義務が生じます。

さらに返済に遅延があれば、大きなローン、住宅ローン等の審査にも営業があるものと思われますので、安易に利用するのはおすすめしません。

欲求を満たす『お気軽』キャッシングに反対!!

キャッシングははっきり言って反対派です。キャッシングを利用している人は、本当にお金が必要で借りているのでしょうか。私は、本当にお金が必要で借りている人はほんの一握りだと感じています。

本当にお金が必要とはどういう状況でしょう。

私の身近で起きた話で言えば、免許不携帯でスピード違反をして、その前にも違反を犯していたため免取になり、罰金が30万円ほど。それが払えなければ勾留というケースで仕方なくキャッシングを頼った、というケース。これは自分が悪いとも言えますが(笑)。もうひとつは、急に母親が倒れ病院で手術を受け、入院。その日暮らしで貯金がなかったたためキャッシングを利用して支払いを済ませた、というケース。こんな場合は仕方ないのかな、と私も思います。

自分だって、本当にお金が必要だけど、支払うお金がないとゆう場面に出くわすかもしれないので、全面的に反対とは言えません。

でも、私が懸念するのは自分の欲求を満たすためのキャッシングです。

私の周りで、キャッシングを利用している人は、こちらがわが明らかに多いです。

例えば、絶対に欲しい限定のコートを買っただとか、ギャンブルで今月の必要な生活費を使ってしまったから、彼女と旅行に行きたかった、などです。

この場合、自分の欲望を満たすだけのキャッシングで、簡単にそれは満たされてしまうんですよね。1回キリだから!といったところで、そういった欲求が2度とわいてこないと保証できるでしょうか。しかも、1度簡単さを知ってしまったのに。きっと、この場合1度きりとゆうのは不可能でしょう。返すことの大変さも忘れて、次々にキャッシングしてしまうのではないでしょうか。気づいた時には莫大な借金を抱えて、頭も抱えるといった状況が安易に思い浮かびます。

それによって、人生を失敗したと感じる人も多くいるでしょう。

なので、私は『お気軽』にできるキャッシングは反対なのです。

私なりの感想

キャッシングとかカードとかローンは作るとまた大変な気がします。まず。ローンは組みたくないです。ローンを組むと利子を返さなくちゃいけないからです。そうすると、結局はこちらが赤字になってしまうからです。カードからだとより不安です。キャッシングは、そういうの使いすぎると、お金がどれだけ支出したのか頭で計算しにくくなります。そうなると、結局は赤字につながる可能性もなくはないです。なんでもかんでもキャッシングとかカードローンだと危ない気がします。結局は赤字になってしまうのが落ちだからです。だから、ローンを組んだりするのはちょっと心配です。

エントリー一覧

ページのトップへ戻る